So-net無料ブログ作成

台湾研修旅行②

今回も引き続き研究旅行の一部を紹介します。

台湾にも中国と同じように中医薬大学がありますが、

その付属病院を見学することができました。

漢方専門ですが1日の処方枚数は600−700枚とのことで

私のクリニックのちょうど10倍ぐらいです。

漢方だけですからすごいですよね。

そのうち8割はエキス製剤でこれは昨日ご紹介した単味の顆粒も含めて保険がききます。

それに対して残り2割の煎じ薬は保険がきかないそうです。

ですから煎じ薬はエキス製剤では対応が難しい状態で、

少し経済的にも余裕がある人が対象になるとのことでした。
台湾中医薬大学1.jpg
薬剤部を見せていただきましたが、

壁一面エキス顆粒のボトルで

埋め尽くされていて圧巻でした。

あと驚いたのがコンピューター

によるシステム化です。

生薬も全て独自のQRコードを作成し

コンピューターでチェックできる

ようになっていて処方箋通りに

生薬を計測していないと警告が台湾中医薬大学2.jpg

出るようになっていました。

それから患者さんも自分の

処方箋のQRコード?をスマホで

読み取ると処方の内容はもちろん

その解説、さらにリアルタイムで

調剤が今どこまで進んでいるかを

知ることができるようになっています。

すごく便利ですね。
台湾中医薬大学3.jpg
それ以外にも個人的にはたくさん

刺激を受けてとても楽しい旅でした。

いろいろ吸収したものをこれから

患者さんに還元していければと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。