So-net無料ブログ作成

AGAで高額の治療をする前に

先日抜け毛がきになるとのことで受診された方がいました。

抜け毛や円形脱毛などで相談を受けることは珍しくないのですが

その多くは中年の女性です。

でもこの方は若い男性の方でそういう方が漢方相談に来られることは稀なのですが

ご家族の勧めもあって受診されました。

お話を聞くと当診療所に来る前にAGA専門のクリニックを受診したそうなのですが

年間で百万以上の費用がかかると言われ、その場でローンを組むように勧められたそうです。

しかも毛が生えて来る保証はないと・・・

仮に効果がなくてローンだけ残ったら悲しすぎますよね。

そういったクリニックの存在自体が私からするとちょっと怖いと思いました。

実は漢方でもAGAに効果はあります。

ミノキシジルやフィナステリドの西洋薬もありますが、

漢方薬でも仮に保険外のものも考慮すれば月1〜2万で

それに劣らない効果が期待できると考えています。

ちなみにこの方はまずは負担の少ない

保険診療での治療をお勧めし、同意していただき治療を開始しています。

”AGAの治療に高額な費用をかけるくらいなら

まずは漢方を試していただければ”と強く思いました。

Q&A:舌について

Q:熱いお茶を飲んだり、寒いところに出たりとか、 

  日常のちょっとした刺激で舌の色は赤くなったり白くなったりするのですか?

A:舌の色はちょっと熱いものを飲んだくらいではあまり変化しません。

  中医学では病態をまず虚実で分けますが、実の状態は主に苔に、

  虚の状態は主に舌自体に出ます。

  例えば舌の色が白いと体が冷えて陽虚、

  紅いと体が熱を持つ陰虚と判断ことが多いですが

  体が虚してくるのは通常はある程度時間がかかるので

  そんなにすぐに変化しません。

  逆に舌が赤くなっていれば少なくとも数ヶ月は

  体が熱っぽくなっていると考えられます。

  ちなみに体が熱を持っていると気分的に落ち着きにくくなってきます。

  イライラしたり、寝つきが悪かったり・・・

  そういったことを相手が言わなくても自然とわかってしまいます。

  また本当は体が冷えているのにそれに気づいていない人が時々います。

  そういった方も舌を見れば冷えていることに気づけます。

  舌が白い場合は血虚の場合もあるのですが、

  何れにしても積極的に温めていただくといいです。
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。