So-net無料ブログ作成

念願の症例検討会

連休の日曜日、私自身が世話役となって新しい勉強会をはじめました。

それは私の師匠を講師とした症例検討会です。

10年以上前、私が漢方を勉強し始めた頃は大阪、神戸で

毎月師匠の症例検討会がありました。

しかし、10年近く前にそれらが全てなくなってしまいました。

中医理論や方剤解説などの勉強会は現在も継続していますが

とりわけ師匠が素晴らしいのはその臨床能力です。

それを勉強するには実際の症例を通して

勉強するのが一番だと思います。

私自身もたくさんの症例を通して勉強させてもらいました。

そのおかげで今の自分があると思っています。

ですから、他の先生方にもぜひ症例を通して

勉強してもらえればとずーっと思っていました。

そして今回いろんな条件が重なり、久方ぶりに神戸で

症例検討会を行うことができ、個人的には非常に嬉しく思っています。

そういった感慨に浸りながらスタートした勉強会でしたが

なんと最初の1例を検討するだけで1時間!かかってしまいました。

2時間の予定で事前に4例用意していたので、大幅に計算が狂ってしまいました。

なんとか3例は検討してもらったのですが予定の時間を大幅に超過してしまいました。

実はこの勉強会の前にもう一つ勉強会があって

トータルで朝から5時間近く勉強したので正直すこし疲れてしまいました。

それでも念願がかなってとても嬉しかったです。

また参加者も東京、和歌山、広島など遠方の方もいて

さすがに連休中に勉強しようとする先生は違うなと思いました。

ただ、手前味噌ですがそれだけの価値はある勉強会だと思います。

個人的な意見を言わせてもらえれば、東京にもこれだけの勉強会はありません。

この勉強会はこれからも定期的に行う予定です。

師匠が元気で日本に来れる間は続けていきたいと思っています。


とうとう天気の影響がでるようになった

昨日から全国的にすごい雨になっていますね。

こういう天気の日は何かと症状が出やすくなることがありますが、

私自身はこれまで経験したことがなかったんです。

ところがというか、とうとうというか、出てしまいました(泣)

朝起きるとなんか頭が重いんですね、

頭痛というほどでもないんですが、頭を触ると微妙に痛みがあります。

この症状は中医学的に言うと湿邪の症状なんです。

明らかなむくみはありませんが、水のめぐりが悪くなっている状態で

低気圧の時に比較的よくみられます。

個人的には低気圧による細胞レベルでのむくみが

影響しているのだろうと考えています。

頭痛以外にもめまいもよく見られる症状です。

これまで同じような症状の患者さんをたくさん治療してきていますので

治し方は自分ではわかっています。

服用した薬は苓桂朮甘湯。

他にも候補はあって個人的にはもう少し強めのものを服用したいという

気持ちもありましたが、経験的にはこれで効くはずと思い服用しました。

そうすると服用直後から楽になってきた感じがして

1時間ほどですっかり良くなりました。

「やっぱり効くな〜」

っと改めて思いました(笑)

自分ですぐに治せるところは職業的特権なのですが

こういう症状が出るようになったのが悲しいですね。

年をとってきて水の巡りが悪くなってきたのだと思いますが

これを良くするためには運動したり、食事でより辛いものを食べることが必要です。

というわけでお昼は馴染みの中華料理店で特別に辛くしてもらったものを食べました。

同じような症状のある方は食養生を試していただくといいです。

辛いものや熱いものを食べるのがよく、ポイントは発汗させることです。

発汗するということはそれだけ体の中の水が動いているわけで

水の巡りが良くなり、同時に余分な水気が抜けます。

そうすると症状が楽になることが多いです。

ぜひお試しください。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。